脩五郎の予想/宝塚記念

 

ここんところ重賞予想をさぼってすいません。
先週も東京郡上人会で上京していたのでお休みしましたが、
どのみち負け続けてるので、予想をしても参考にならなかったと思います。
ましてやここんところの波乱ぶりでは皆目検討もつきません。
宝塚記念】○
少頭数でつまらないレースになってしまいましたが、
これまで変な馬ばかり来るので難解です。
と言って買いすぎると安目来た時にトリガミに。
キセキの単勝。枠1・2・8の三角買い。≪自信度B≫

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg

【モリアテ教授の予想】
宝塚記念】×
調教絶好1・2・7
調教不調5・8
レイデオロ
リスグラシュー
▲エタリオウ

勝負馬券は【2→1・3・7・12】3連複流し。

 【結果】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140720/20140720170035.jpg枠連的中でもほとんどプラスにならねぇ~(馬券生活師shugoro)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921165702.jpgレイデオロ何やっとんじゃあああ~(モリアテ教授)

宝塚記念枠連620円的中もキセキが2着に敗れたのでほぼトントンでプラスになってません。

モリアテ教授はレイデオロ推して5着に敗れハズレ。

にしてもスローペースに落ちレーンがうまく乗ったということでしょうか。

これでローカル開催は自粛気味に少投資でやってくしかありません。

 

【人気blogランキングへ】

脩五郎の予想/安田記念

土曜は鳴尾記念スレイプニルSともにハズレ。
睡眠不足が祟って呑み会のあとバタンキュ~でしたので
翌朝になってからの更新になりました。
安田記念】×
アーモンドアイ凱旋門賞回避でここに照準を絞ってきました。
今さら格付けの済んだ相手にレースをして楽しいのかという不満もあります。
どうせなら3200mの天皇賞に出走してきてほしかったけど、
馬が疲れるという理由で出走しなかったのか。
アーモンドアイにとってこのレース、勝っても負けてもどちらでもよいような感じだし、
配当的な旨味もありません。
ということで敢えてアーモンドアイを消したワイド狙い。
アエロリット・サングレーザー・モズアスコット・ステルヴィオ
4頭BOXワイド6点。これも旨味ないですが。≪自信度C≫

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg
【モリアテ教授の予想】
安田記念】×
調教絶好6・7・14
調教不調11
◎アーモンドアイ

勝負馬券は3連単
1着 14
2着 5・15
3着 5・7・8・15

【結果】

f:id:shugoro:20190205200341j:plain

アーモンドアイはずしたのにヒモはずし~(馬券生活師shugoro)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921165702.jpg

アーモンドアイこんなとこに出すな~(モリアテ教授)

3着に敗れても「負けて強し」と賞賛されるアーモンドアイですが、

連対をはずして最強馬の戦績に傷がついてしまった感は否めません。

久々のマイル戦、外枠の不利などあったでしょうが、

モーリスが取りこぼしたときも2着だったし、

やはり最低でも2着は確保してほしかった。

今回の出走自体が残念でならないと思う次第です。

 


【人気blogランキングへ】

脩五郎の予想/オークス

土曜の平安S・メイSともにハズレ。
来週はダービーだし資金もないのであまり投資できません。
オークス】×

クロノジェネシスコントラチェックの両頭から
シャドウディーヴァ・シゲルピンクダイヤ・ラヴズオンリーユーの3頭へ
馬連流しで6点。≪自信度B≫

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg
【モリアテ教授の予想】
オークス】×
調教絶好2・7・10
◎クロノジェネシス
○ダノンファンタジー
コントラチェック
勝負馬券は、◎の屋根が心配なんで
【2・3・8】馬連BOX。
【2・3・7・8・12・13】3連複BOX。

【結果】

f:id:shugoro:20190205200341j:plain

津村空気読め~(馬券生活師shugoro)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921165702.jpg

俺の様な天才でもあれは買えん(モリアテ教授)

オークスは1・3着。津村のカレンブーケドールが来なければ2人とも的中したのですが。

第一、スイートピーS勝ちはあてにならないし、桜花賞組が体たらくすぎ。

ディープインパクト産駒のワンツーも出走頭数多すぎて絞れませんでした。

勝ったラヴズオンリーユーは忘れな草賞経由で無敗4連勝。

この先どこまで無敗の王道が行けるか楽しみな存在ではあります。

来週のダービーですが、尼崎取材なので予想をお休みします。

ただ、レーンオークスでヘタ打ったことを思えば

ダービーはサートゥルナーリアが無敗で5連勝する可能性は高そうです。

2着以下は現段階ではまったくわかりませんが。


【人気blogランキングへ】

脩五郎の予想/ヴィクトリアマイル

土曜の京王杯SCはハズレ。
サトノアレス除外で少なからず戻ってきたのは救いでしたが。
ヴィクトリアマイル】×
プリモシーン・アエロリットの両頭からデンコウアンジュ
ワントゥワン・レッツゴードンキの3頭へ馬連流し。
4頭へ馬連流し。≪自信度C≫

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg
【先週万馬券を当てた天才・モリアテ教授の予想】
ヴィクトリアマイル】×
調教超絶好6
調教絶好11・17
調教不調12
◎ミッキーチャーム
勝負馬券は【4・5・6・7・11・17】3連複BOX。

【結果】

f:id:shugoro:20190205200341j:plain

レーン、連日勝つんじゃねぇ(馬券生活師shugoro)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921165702.jpg

さすがに幸運は続かないか~(モリアテ教授)

ヴィクトリアマイルはレーンが連日勝ってヒモはずし。

まさか連日勝たれるとは思わず消してしまった次第。

モリアテ教授の幸運も3週続けてはなかったようで

シンガリ人気でブービーだったメイショウオワラを入れている時点で

冒険しすぎな感はありましたね。


【人気blogランキングへ】

脩五郎の予想/NHKマイルC・鞍馬S

令和最初の重賞となった土曜の京都新聞杯をはずし、
メトロポリタンS・プリンシパルSで勝負をかけていたのですが
なんと東京10R以降は雹で中止とは……結局、ほとんど払い戻しになってしまいました。
代替がないとはいえ、プリンシパルSは12日の10Rに移設されることになったのですが、
これはいくらなんでも勝っても本番まで中1週となり、ハードな連戦すぎはしないでしょうか。
【NHKマイルC】×
グランアレグリアからダノンチェイサー・グルーヴィット・カテドラル・ヴィステルバッハの
4頭へ馬連流し。≪自信度B≫
【鞍馬S】×
フミノ軍団フミノムーンの単複。≪自信度A≫

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg

【モリアテ教授の予想】
本日、夜勤なんで早い予想で。
【NHKマイルC】
調教絶好4・6・13
調教不調9・16
◎アドマイヤマーズ
○グランアレグリア
勝負馬券は【3・7・10・15・17・18】3連複BOX。

【結果】

f:id:shugoro:20190205200341j:plain

国分優のタワケ~何やっとんじゃああ~(馬券生活師shugoro)

f:id:shugoro:20190505211027j:plain

カーッカーッカーッ、モリーバレンティン特大アーチよ!モリアテ教授)

NHKマイルはグランアレグリア4着でハズレ。

鞍馬Sもフミノムーン13着(10番人気)でハズレ。

モリアテ教授は3連複9万7390円という特大アーチを放ちました。

恐れ入るとしか言葉がありません。

[]
久々にモリーバージョン万馬券の歌だぁあああ~。

モリーバージョン万馬券の歌(倫敦橋のメロディーで)

森、盛、守リ、杜リ、銛リ

森、盛、守リ、万券ハンター

森、盛、守リ、杜リ、銛リ

森、盛、守リ、万券ハンティング

 
【人気blogランキングへ】



脩五郎の予想/天皇賞

先週は春祭りと重なって読売マイラーズC・フローラSの予想をお休みしました。
土曜も青葉賞をはずして散々ですが、平成最後のGI競走となりました。
いよいよ長距離走愛好家のshugoroが絶対に当てなくてはならない天皇賞です。
しかし、シャケトラの離脱があったとはいえ頭数は13頭とフルゲートにもならず
メンバーもGI勝ちがフィエールマンだけという体たらく。
せめてアーモンドアイが出走していたら盛り上がったでしょうが。
これならAJCCでフィエールマンに勝った

シャケトラにもチャンスがあったかもしれません。合掌。
天皇賞】×
グローリーヴェイズ・フィエールマンの両頭から
エタリオウ・ユーキャンスマイル・クリンチャーの3頭へ馬連流しで6点。
リッジマン・クリンチャーの2頭軸から
エタリオウ・グローリーヴェイズ・ユーキャンスマイル・フィエールマンの
4頭へ流して3連複4点。このレースは≪自信度A≫で行きます!
【昨年は3連単万馬券を当てたモリアテ教授の予想】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921015429.jpg
今から、風のハミングの野外ライブに行くので本命だけで。
天皇賞】×
調教絶好5・10・13
調教不調1・3・11
◎ユーキャンスマイル

【結果】

f:id:shugoro:20190205200341j:plain

関東馬ワンツーのタテ目(馬券生活師shugoro)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shugoro/20140921/20140921165702.jpg

ユーキャンスマイル5着~(モリアテ教授)

天皇賞は完全なタテ目。大体、ただでさえ少ない関東馬2頭かつ

3200では実績ないといわれたディープインパクト産駒のワンツーなんて洒落になりません。

今回はデムーロと岩田の騎乗に批判が集まってましたが、他の騎手も体たらくが多かった。

そのなかで奮闘したのは坂井瑠星のチェスナットコート6着。

大井の坂井英光の息子だが、デビュー4年目にして重賞制覇するし、

他でも結構人気薄を上位にもってきており侮れません。

競走中止したヴォージュが一命をとりとめてよかった。


【人気blogランキングへ】

地方へ流れた元中央オープン馬抹消情報(2019年春編)

 

春先は取材で出かけることは多く、ご報告が遅れましたが、、
地方へ流れた元中央オープン馬のデータを更新しました。
まずは1月1日~3月31日に抹消された馬たちを抹消日順に掲げておきます。
掲載基準は2011年10月20日の項を参照ください。


1月8日・エデンロック(岩手/中央29戦3勝/地方35戦2勝/12年札幌2歳S・GIII3着)         
2月15日・マシェリガール(浦和/中央19戦2勝/地方5戦0勝/15年クローバー賞)          
2月21日・レオアクティブ(愛知/中央35戦4勝/地方46戦0勝/14年京成杯AH・GIIIほか重賞1勝)        
3月13日・タガノブルグ(兵庫/中央48戦3勝/地方2戦0勝/14年NHKマイルC・GI2着)         
3月25日・ブレイズアトレイル(岩手/中央39戦5勝/地方18戦1勝/14年京成杯AH・GIII2着)                  

この3カ月で抹消された名馬は5頭でした。
11年京王杯2歳S・GIIと14年京成杯AH・GIIIの重賞2勝した
レオアクティブは北海道の日高育成センターでプライベートの種牡馬になったそうです。
名古屋では46戦しても後ろからの着順ばかりで未勝利でしたが、
芝での適性をかわれたのか喜ばしい限りです。
ただ、他の4頭の消息に関しては現時点で確認がとれてません。
マシェリガール牝馬なので繁殖にあがっているものと思いたいですが。


また、年2回引き続き1年以上地方競馬の競走に出走しなかった場合、
馬主や厩舎からの届出がなければ、自動的に登録を抹消する制度にともない、
4月1日付で下記の4頭が抹消されました。

インプロヴァイズ(大井/中央27戦4勝/地方2戦0勝/14年ダービー卿CTGIII3着)
タマノブリュネット(大井/中央21戦5勝/地方1戦0勝/16年レディースプレリュード ・JpnII
ファイナルスコアー(兵庫/中央31戦5勝/地方92戦5勝11年太秦S2着)
ニシノビークイック(佐賀/中央53戦5勝/地方12戦0勝/14年タンザナイトS2着)


こちらも現時点での消息が確認できませんでした。
タマノブリュネット牝馬ですし重賞ウイナーなのでこちらも繁殖にあがってると信じたいです。


毎回抹消馬の写真がなかったのですが、
今回は名古屋で46戦したレオアクティブを撮ってました。
同馬は46戦中32戦は葵ちゃんが手綱をとりましたが、
残念ながら僕の撮った2回は別の騎手騎乗でした。
にしても芝の重賞2勝馬がたとえクラスが上とはいえ

地方のダートでは1勝もできなかった厳しい現実。
しかも着順はいつも後ろから数えたほうが近いものばかりで
唯一掲示板に載ったのも5頭立てのシンガリという結果でした。
世界の葵ちゃんをもってしても如何ともできなかったわけです。
それでも先述のように種牡馬になれたのは、これまでの頑張りが報われたともいえましょう。
また二世が葵ちゃんの手綱でデビューすることを楽しみとしましょう。


すべての競走馬のその後を追跡することは到底不可能でありますが、ここで発表することによって
一人でも多くの方が元中央オープン馬という看板馬に関心をもち、
1頭でも多く、その後が確認できれば、元競馬マスコミとしてこの上ない喜びです。
それではまた本年10月1日付の抹消の情報でお会いしましょう。

 

【人気blogランキングへ】